三本ライン 
復刻でよく作られるスカジャンの元祖です。
刺繍の素晴らしさは最高です。
袖には三本ラインが悪さを象徴。
そして、リブのバランスが悪いのが時代を感じさせていいですね〜!!
TTSの手詰めジッパーやリブの虫食いもビンテージの勲章です。
これは絶対ゲットしたい一枚です。

SERVALジッパー 
迫力の刺繍のスカジャンです。
後ろもさる事ながら全面の胸の刺繍はいい感じですね〜!!
ポケットに下には本人の名前が刺繍されているのでこれは世界にたった一枚のスカジャンなのです。
裏綿の虎の顔も最高ですし、SERVALの真鍮ジッパーも珍しいビンテージの一点ものです。

韓国ジャン 
1950〜1953年、韓国と北朝鮮の間で、北朝鮮が国境線と化していた38度線を越えて侵攻したことによって勃発した戦争。
韓国側には進駐していたアメリカ軍を中心に国連派遣軍が参戦し、一方の北朝鮮側には中国人民解放軍が加わり、直接参戦しないソ連は武器調達や訓練などのかたちで支援し、アメリカとソ連による代理戦争の様相を呈したのです。
そのアメリカ兵が帰国する時に子供にお土産として持って帰ったジャケットがこれです。
珍しい『NO,1ジッパー』が装着されていてコレクションとして鑑賞に最適の一枚です!

空母ミッドウエイ 
当時最も高級で珍しいとされていた“西陣織”に虎の刺繍が入ったスカジャンです。
文字は後で入れた貫通した刺繍なので、1954年に第7艦隊に配属された空母ミッドウエイの艦載機のパイロットが日本の防空システムのテストに度々日本に着陸していた時のものと判明できます。
(後日ミッドウエイが日本に寄港する前に作られたのとは全然違います)。
図鑑でしか見れない西陣織に虎刺繍&貫通文字刺繍とYKKのブロック体ジッパーこれも世界に一点のものでしょう!!
これぞ歴史の証人、博物館級のスカジャンですぞ〜\(^o^)/

スカル 
スカルと蜘蛛の巣の激レアなスカジャンの紹介です。
世界中のマニアが目の色を変えて探しているスカジャン!!
いろいろなメーカーがお手頃価格で復刻していますが、ビンテージ物を見ることはまずありません。
そんな、激レア物が入荷しました。!!
YKKのブロック体の真鍮ダブルジッパーを装着し
表面の別珍は見事な迫力のスカルの刺繍。
裏面のサテンには、おまけ程度の鷲とキルティング。
古い別珍はダメージが酷いのが多いが、これは別珍の禿も少なくなかなかの極上品!!

P1 P2 P3 P4 P5 P6 P7 P8 P9 P10 P11 P12 P13 P14 P15 P16 P17
[編集]
CGI-design