珍品中の珍品!! 
滅多に見ないスカジャンの登場です!!
そして、色も褪め具合が最高でヴィンテージのオーラが凄い!!
別珍のアラスカジャンでこの刺繍はたまに見ますが、
サテンでJAPAN文字は珍品中の珍品です。
2011年後半の一押しスカジャンです。
これこそ、違いが判るオヤジのコレクションでしょう!!

虎と38度線なし 
久しぶりの38度線が無いスカジャンが入荷しました。
表の虎の迫力はいいですね〜!!
スカジャンは虎の刺繍一つをとっても全部表情が違います。
刺繍職人の腕の差が出ます。
だからマニアは同じデザインの刺繍でも何枚も欲しいのです!!
10枚10色!!奥が深いコレクターの世界!!
マニアに終わりは無いのです!!

大阪シャッター 
皆さん知っていますか?!
1940年代のジッパー製作所です。
手詰めのジッパーで・・・・
これが付いているスカジャンは初めて見ました!!
『凄い!!』 『美しい!!』 『珍品だ!!』
そして一番のレア度は、ポケットにプリントの切れ端を使用。
これは、コレクションするべきでしょう!!
博物館クラスですよ!!

デッドストック 
60年前の新品!!
信じられない美しさ。
信じられない迫力。
YKKの真鍮ジッパーも新品のまま。
着るのがもったいないくらいのスカジャンですね。
しかし、決して非買品ではないし・・・
激安だから着てなんぼの物。
楽しんで着古しましょう!!

迫力満点!! 
これは凄い!!
迫力満点!!
表にJAPANの文字が無いから、米兵のお土産ではないし、
戦後の混乱期にこれを着ていた人を想像すると・・・
とても危ない人か凄い人だったでしょう?!
白地に虎が怪しく吠えて身震いするほどの迫力です。
それに刺繍の上手さも最高で、博物館級でしょう!!
TTSのジッパーも問題なく、綿の片寄りも無く最高のスカジャンです!!

P1 P2 P3 P4 P5 P6 P7 P8 P9 P10 P11 P12 P13 P14 P15 P16 P17
[編集]
CGI-design