空母ミッドウエイ 
当時最も高級で珍しいとされていた“西陣織”に虎の刺繍が入ったスカジャンです。
文字は後で入れた貫通した刺繍なので、1954年に第7艦隊に配属された空母ミッドウエイの艦載機のパイロットが日本の防空システムのテストに度々日本に着陸していた時のものと判明できます。
(後日ミッドウエイが日本に寄港する前に作られたのとは全然違います)。
図鑑でしか見れない西陣織に虎刺繍&貫通文字刺繍とYKKのブロック体ジッパーこれも世界に一点のものでしょう!!
これぞ歴史の証人、博物館級のスカジャンですぞ〜\(^o^)/

スカル 
スカルと蜘蛛の巣の激レアなスカジャンの紹介です。
世界中のマニアが目の色を変えて探しているスカジャン!!
いろいろなメーカーがお手頃価格で復刻していますが、ビンテージ物を見ることはまずありません。
そんな、激レア物が入荷しました。!!
YKKのブロック体の真鍮ダブルジッパーを装着し
表面の別珍は見事な迫力のスカルの刺繍。
裏面のサテンには、おまけ程度の鷲とキルティング。
古い別珍はダメージが酷いのが多いが、これは別珍の禿も少なくなかなかの極上品!!

朝鮮戦争 
1950年、朝鮮戦争勃発!
当時この戦争に横須賀、佐世保、沖縄・・・と日本の基地からも北朝鮮に攻撃に出ていました。
おかげで、戦争景気に沸いたと言っていたのを思い出します。
そして、本国に帰還するときお土産として買って帰ったのがKOREAジャケットです。
もう、このジャケットも60歳を迎えました。
朝鮮半島の地図と激しく吠える虎がいい味を出しています。
なかなか出てこない朝鮮戦争物を一枚は欲しいものですね・・・

これぞ極上 
1950年代の極上スカジャンです。
ミントグリーン・綿 100%・襟付き・YKK真鍮ジッパー・・・
全て完璧状態のビンテージなのです。
戦後の復興時代に、こんな派手なスカジャンを着る人の想像が出来ますか?!
これを着て町を歩くと・・・一般大衆は道を空けるでしょうネ。
そんな人が来ていたジャケットです。
たぶん・・・現代でもそうでしょうね〜

アラスカジャン 
極上のアラスカスーベニアジャケットです。
通称『アラスカジャン』と呼ばれ別珍が多いのですが、
これは両面サテンで珍しく、20年前の図鑑でこれが紹介されていました。
 背中の刺繍はアラスカ州の旗"青地に北極星と北斗七星"
この旗は、当時13歳の少年ベニー・ベンソンがデザインしたので有名。
彼にあやかりサイズは小さめですが、こんなレア物はゲットするべきでしょう!!


P1 P2 P3 P4 P5 P6 P7 P8 P9 P10 P11 P12 P13 P14 P15 P16 P17 P18
[編集]
CGI-design